お問い合わせ 受付時間 9:30 - 17:00  [ 土・日・祝日除く ]

ごあいさつ

変化する社会で、子どもたちに生きぬく力を

ロボ

土屋徹

(株)学研エデュケーショナル
代表取締役社長
土屋 徹

 スマートフォン、人工知能、ロボットと、情報化社会の目まぐるしい変化は、産業界だけでなく子どもたちのまわりでも進んでいます。そのひとつが今検討されている2020年からの小学校のプログラミング教育必修化で、従来の教科でプログラミングを用いて論理的思考力を養おうというものです。
 ここ数年でいくつもの団体やIT企業などからロボットプログラミング講座が立ち上がりました。しかし、子どもたちの教育を軸としてものづくりをしてきた企業の講座は「もののしくみ研究室」以外にあまり見当たりません。弊社では、これまでに培ったコンテンツ作りのノウハウを活かし、他社と違った特長を持つカリキュラムを用意しました。例えば、自動ドアやトイレなど子どもたちが目にするものを作ります。身近な「もののしくみ」を学び、自分で作って動かすからこそ、①興味を持ち ②探究心が強くなり ③社会に目を向けるきっかけがつかめると確信しています。
「もののしくみ研究室」を通じ、プログラミング的思考だけでなく、グローバル社会を生きぬくための表現力や創造力を身につけてほしいと願っています。

ロボットプログラミングで子どもたちに自信と喜びを

ひらめき

小松哲也

(株)アーテック
代表取締役社長
藤原 悦

 弊社はこれまで、幼稚園から大学まで全国の学校で使用される教材を開発・販売してきました。その学校現場が今、大きく変わろうとしています。
 子どもたちが手にするのは紙の教科書からタブレットに変わり、求められる能力も多様な情報の中にある様々な知識を活用し、独創的で革新的なものを生み出す力に変化するといわれています。そうした能力を育む効果的な手法として、小学生からプログラミングを学ぶという開発型の学習が日本でも積極的に推進されようとしています。
 本教材は子どもたちが思いついたことを直感的に形にし、自由自在に組み直しができる素材であることに徹底的にこだわり、改良を重ねて現在の姿になりました。そして学研様のすばらしいコンテンツとのジョイントにより、課題解決力・開発力をハイレベルに伸ばす学習システムの提供を実現することができました。「もののしくみ研究室」の開発プロジェクトに参加し、豊かな世界を築き上げる未来の発明家を育てるお手伝いができることを心からうれしく思っております。

自分で作って、もののしくみを楽しく知ろう