お問い合わせ 受付時間 9:30 - 17:00  [ 土・日・祝日除く ]

教育の未来

変わりつつある日本の教育

「現代の小学生の65%は、今は存在していない職業に就く」
親の世代が学生の頃にIT関係の仕事が無かったことを考えれば当然かも知れません。
このような時代を受けて、大学入試が変わりつつあります。
大学入試の改革プランにはセンター試験の廃止と2つの「新テスト」が創設などが明記されており、
新テストにおいて現行の教科・科目の枠を超えた
思考力・判断力・表現力や小論文・面接・集団討論・プレゼンテーション
などが課されていくことが予想されます。
「自ら課題を発見し、その解決に向けて探求しその成果を表現することができる」
ということが、これからの時代を生き抜くための力として求められるようになったのです。

21世紀に必要な力とは

活用方策のイメージ
大学入試の改革プランを見ると、未来に必要とされている力が知識だけでなくなってきていることがわかります。知識にこだわらない柔軟な力は「21世紀型スキル」といわれており、「21世紀に必要とされる能力」のことを指しています。これらのスキルを習得できるかどうかが、大学入試のみならずこれからの時代を生き抜くためにつながる大きな課題となっています。

21世紀に必要とされる 21世紀スキル

創造性とイノベーションなど

21世紀に必要なスキルを身につけるにはロボットプログラミングが最適

ロボットプログラミング教育は・・・

プログラミング教育によって身につくスキル

  • 新しいアイデアを試す方法
  • 複雑な問題を紐解く方法
  • 粘り強く前に進む方法
  • 物事を深く理解する方法
  • 他の人と協力して物事を進める方法

ロボットプログラミングによって身につけることが可能な21世紀型スキル

  • 思考の方法

    思考の方法
  • 働く方法

    働く方法
  • 書くためのツール

    書くためのツール

ロボットプログラミングって小学生でも楽しいの?

プログラミングの中でも、ロボットを使った講座は小学生に人気があります。
プログラミングの結果が可視化される面白さがあり
試行錯誤をするための題材としてもってこいなのです。
ロボットプログラミングって楽しいの?

私たちが推薦します

福原正大

Institution for a Global Society/igsZ代表
一橋大学大学院特任教授
東京医科歯科大学グローバル教育アドバイザー
福原 正大

21世紀に入り米国シリコンバレーが世界を変える中心になりました。フェイスブック、グーグル、アップル…。これらの会社はプログラミングを基礎として、これまでのモノやサービスを一新する商品をつくったのです。
 そして、今後人工知能、IoT(モノのインターネット化)がこの変化を加速し、世界を動かす鍵となります。
 この時代には、「プログラミング×モノづくり」力が成功のカギ。グローバルリーダーに必須の力になるのです。「もののしくみ研究室」は、子どもが時代を変える起業家のように、様々な新しいプロダクツを生み出す経験と、理数基礎力、想像力などを構築します。
 人工知能、IoT全盛時代となる2040年のグローバルリーダーを目指す
すべての子どもたちに自信をもっておすすめします!

安田理

安田教育研究所 代表 安田 理

 これまでの日本の教育の基本的な性格は、先生が子どもに「多くの知識を与え、それを理解させる」というものでした。そのため子どもの学ぶ姿勢は「受け身」にならざるをえませんでした。しかし、成長が止まり、社会が閉塞状況に陥った現在、従来型のインプット中心の教育では困難な況を打開できる人間は生まれないことが分かってきました。これまでのような1つの正解に速くたどり着くことを競う学びではなく、自分で考え、あれこれ試行錯誤し、失敗を重ね、友だちとも刺激し合いながら、それぞれが違うやり方で違うものを作り出す……
そうした実体験を小学生のうちに持つことが、これから先の学びの姿勢を生み出すことにつながります。
 プログラミングを学び、友だちと違ったやり方で、違ったロボットを作り出した経験こそ、お子さんの未来を拓く学びの礎(いしずえ)になると確信します。

プログラミングから生活を豊かにする